損失測定の不確定性 - 改定版 (Blog) | www.flukenetworks.com
損失測定の不確定性 - 改定版
損失測定の不確定性 - 改定版 (Blog)

光損失測定セット (OLTS) を使用して損失測定を行い、その結果、合格になった場合、マージンが示されますが、その場合、どの程度のマージンが許容されるのだろうか、ということついて考えたことはおありでしょうか。

 測定距離が短い場合は、通常、損失バジェットが小さいため、測定の不確実性が問題になってきます。すべての損失測定については、特にリミット値に対してテストを行う場合ですが、マージンが小さな場合、予測される損失測定の不確実性が重要になります。

必要項目を入力して
"ダウンロード" をクリックしてください。


フルーク・ネットワークス
株式会社 TFF フルーク社

〒108-6106 東京都港区港南 2-15-2 品川インターシティ B 棟 6F
TEL:03−6714−3117 FAX:03−6714−3118 E-Mail:infoj@fluke.com

 
 
Powered By OneLink