BIMMF テスト・コードと一般的なマンドレルの使用 Blog
曲げ不感マルチモード光ファイバー (BIMMF) ケーブル試験のノウハウ:
エンサークルド・フラックスの必要性

曲げ不感マルチモード光ファイバー (BIMMF) ケーブル試験のノウハウ

 

 光ファイバー信号の伝送は、全反射という現象に依存します。光ファイバー・メーカーは、データセンターやエンタープライズ・ネットワーク向けの曲げに強い 50 µm マルチモード光ファイバーを開発しました。この新しい曲げ不感マルチモード光ファイバー (BIMMF) は、曲げ耐性のないマルチモード光ファイバーと比較して信号損失を大幅に低減します。光ファイバー・メーカーおよびテスト機器メーカーによって提供されたデータでは、BIMMF をテストするには特定の種類の励振が必要であることが明らかになっています。この励振条件がエンサークルド・フラックス (EF) です。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

フルーク・ネットワークス
株式会社 TFF フルーク社
〒108-6106 東京都港区港南 2-15-2 品川インターシティ B 棟 6F
TEL:03−6714−3117     FAX:03−6714−3118     E-Mail:infoj@fluke.com

 

 
 
Powered By OneLink