規格最新動向: ISO/IEC 14763-3 の現状 Blog
規格最新動向: エンサークルド・フラックス - 規格化委員の視点

規格最新動向: エンサークルド・フラックス - 規格化委員の視点 今日の高速マルチモード光ファイバー・リンクは損失バジェットが制限されているため、適切に制御された励振状態を実現する光源を使用した、より正確で一貫性のある試験測定方法が求められます。

 サプライヤーに左右されることのない、一貫性のある測定が光パワー・メーターに要求されるのと同様に、光源もサプライヤーに左右されることなく、正確な励振状態を生み出す必要があります。

 これまでは、正確な励振状態を達成することは困難でしたが、長年にわたる研究開発によって、業界の専門家はエンサークルド・フラックス(EF)でこの問題を解決することができました。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

フルーク・ネットワークス
株式会社 TFF フルーク社
〒108-6106 東京都港区港南 2-15-2 品川インターシティ B 棟 6F
TEL:03−6714−3117     FAX:03−6714−3118     E-Mail:infoj@fluke.com

 

 
 
Powered By OneLink